美白をうたった化粧品の比較

美白化粧品

女性が憧れるのが色白の肌です。
『色の白いは七難隠す』とは良くいったもので、
本当に肌の白い人は、肌がきれいに見えますし、美しく見えるものです。

なので、美容の商品には肌を白くする効果をうたったものが沢山出ています。
少しでも白くなるために、みんなこぞって美白化粧品を買い求めます。

美容液、パックから、普段使いの化粧水や乳液まで色を
白くする効果があるものが売られています。

果たして、すべての化粧品を美白用にしたら、
肌は白くなるのでしょうか。

私は、色を白くすると書いているけれど1000円前後の安い化粧水や乳液と、
3000円と高いけれどエッセンスのみ色白効果があって、
化粧水と乳液は普通タイプを、使い比べてみました。

その結果、安い化粧品は美白とうたっていても、
その効果は感じられませんでした。

一方、3000円する高いエッセンスは、毎日2滴だけに節約しながら使っていても、
頬にあったシミが少しずつ薄くなっていくのを実感できました。
やっぱり、安い化粧品は、効き目があまりないのだということが分かりました。
世の中には、3000円でも安い方で、5000円とか、
1万円する化粧品が沢山あります。

でも、私はお金持ちではないのでそんな高い化粧品は使ったことがありませんが、
それだけの値段がするということは、
それだけの成分が入っているということです。

ブランドの分高かったり、宣伝費用が入っていたりもするのでしょうが、
それを差し引いても、何らかの色を白くする成分が入っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です